知らないと損!LibreOffice Calcで2クリックで並び替えする方法

car-1549127_1280

スポンサーリンク

いや〜、知りませんでした…

LibreOffice Calcで並び替え(ソート)なんて、基本的な操作なんですけどね。

並び替え自体はできていたので、気にしていませんでしたが、今日2クリックでできる方法を知って、今まで損してたなぁと思いました。

同じような人が他にもいるかもしれないので、書いておこうと思います。

こんなデータがあり、単価の小さい順に並び替えしたいとします。

libre-office-calc-sort-5

スポンサーリンク

今までやっていた時間のかかる並び替え方法

比較のために、まず、私が今までやっていた時間のかかる並び替え方法を説明します。

libre-office-calc-sort-1

データ範囲を選択します。

libre-office-calc-sort-2
メニューの[データ]-[並べ替え]を選択します。

libre-office-calc-sort-3
ポップアップしたダイアログで、並べ替えキーと昇順/降順を選択し、OKボタンを押します。

libre-office-calc-sort-4
思った通りに並び替えできました。

libre-office-calc-sort-1

しかし、6クリックか7クリックの操作が必要でした。

2クリックで並び替えする方法

では次に、2クリックで並び替えする方法です。

libre-office-calc-sort-5
並び替えしたいキーのデータ中のセルをどこでもいいので選択します。

libre-office-calc-sort-6
標準ツールバーの下向きの矢印ボタン(昇順に並び替え)をクリックします。
(降順(大きい順)に並び替えしたい場合は、上向きの矢印ボタンをクリックします。)

libre-office-calc-sort-4
思った通りに並び替えできました。

このやり方の方が断然速いし、楽ですね!

Calcが自動的にデータ範囲やヘッダーを認識してくれているそうです。

※標準ツールバーが表示されていない場合は、下記の操作で表示できます。

libre-office-calc-sort-7
メニューの[表示]-[ツールバー]-[標準]を選択します。

どのようにデータ範囲を自動認識しているのか?

データ範囲の途中に途中に空行空の列があると、1つのデータ範囲として認識されません。

そのような場合は、空行や空の列を削除してから、2クリックで並び替えの方法を実行しましょう。

どのようにヘッダーを自動認識しているのか?

ヘッダーの「単価」を削除してみます。

libre-office-calc-sort-8

ヘッダーもデータとして並び替えされてしまいました…

libre-office-calc-sort-9

ヘッダーの「単価」を「12345」に変更してみます。

libre-office-calc-sort-10 libre-office-calc-sort-11

ヘッダーもデータとして並び替えされてしまいました…

データ全体を見ているわけではなく、並び替えするキーのデータのみの種類を元にヘッダーを認識しているようです。

まとめ

あらかじめヘッダーを適切に記入してやるなど、条件はありますが、今までより3倍も速く並び替え(ソート)する方法を紹介しました。

今までの方法でも対して面倒とは感じていませんでしたが、昔からいつもこの方法でやっていたので、感じなかったんですね。

今、2クリックでできる方法を知ってしまうと、今までやっていたメニューから選択する方法は、なんて面倒なんだって思います。

データ範囲やヘッダーの自動認識をできるようにしてくれた開発者の方に感謝ですね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">