Xfce よく使うアプリをキーボードショートカットで一発起動する方法

student-849825_1280

スポンサーリンク

Xfceでよく使うアプリケーションをキーボードショートカットにしたいなら、簡単に設定することができます。

よく使うアプリケーションを簡単に起動するには、キーボードショートカットの他に、

  • お気に入り
  • パネル
  • デスクトップ

などの方法がありますが、最速はキーボードショートカットです。

よく使うアプリをキーボードから手を離さずに一発起動できれば、最高ですね!

Xfceのキーボードショートカットの設定方法は他のサイトでも紹介されていますが、
今回は、他のサイトではあまり紹介されていない、わかりやすいコマンドの調べ方についても紹介したいと思います。

たぶんWindowsと比べても簡単だと思います。

スポンサーリンク

キーボードショートカット設定が2つの場所にある

具体的な設定方法の前に、1つ注意点があります。

それは、Xfceのキーボードショートカット設定のUIが2つの場所にあることです。

  • [設定]-[ウィンドウマネージャ]
  • [設定]-[キーボード]

xfce-keyboard-shortcut-1

どちらも同じような方法でショートカットの設定ができますが、設定の対象が違います。
初めは少しわかりにくいかもしれません。

[設定]-[ウィンドウマネージャ]は、いろいろなアプリケーション共通のウィンドウの操作や、ウィンドウ、ワークスペース全般の設定になります。

xfce-keyboard-shortcut-2

[設定]-[キーボード]が、今回のテーマの、よく使うアプリケーションのキーボードショートカットの設定になります。

xfce-keyboard-shortcut-6

アプリケーションのコマンドを調べる

まず、アプリケーションのコマンドを調べ、その後、そのコマンドをショートカットに設定します。

アプリケーションのコマンドを調べる方法は、これから紹介する方法が一番わかりやすいと思います。

xfce-keyboard-shortcut-7
メニューのアイコンを右クリック(※左クリックではない)し、[アプリケーションの編集]を選択します。

xfce-keyboard-shortcut-8
MenuLibreが起動します。

今回は、電卓をCtrl+Alt+Cというキーボードショートカットに設定してみます。

xfce-keyboard-shortcut-9
アクセサリから電卓を選択します。

階層はいつも使っているメニューと同じなので、目的のアプリケーションをすぐに見つけることができますね。

アプリケーションを選択すると、右側のアプリケーションの詳細のところで、コマンドがわかります。

コマンドをコピー(Ctrl+C)します。

アプリ起動ショートカットの設定方法

次に、メニューから[設定]-[キーボード]を選択します。
ポップアップするダイアログの[アプリケーションショートカットキー]タブを選択します。

xfce-keyboard-shortcut-10
[追加]ボタンを押します。

xfce-keyboard-shortcut-11
ダイアログがポップアップしますので、コマンドの欄に先ほどコピーしたコマンドをペースト(Ctrl+P)し、[OK]ボタンを押します。

xfce-keyboard-shortcut-12
もう1回ダイアログがポップアップします。

ここで、指定したいキーボードのキーを実際に押します

例えば、Ctrl+Alt+Cと押してみます。

xfce-keyboard-shortcut-13
これで、電卓のショートカットができました。

まとめ

わかりやすいコマンドの調べ方と、このコマンドをキーボードショートカットに登録する方法を紹介しました。

メニューアイコンを右クリックとは、意外なUIでしたね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">