Linux Mint XfceでWindowsキーをキーボードショートカットに設定する

keyboard-932370_1280

スポンサーリンク

WindowsやMacを使い慣れた人がLinuxを使い始めたときに、必ず思うことの1つに今まで慣れ親しんだキーボードショートカットを使えたらいいのに、ということがあると思います。

Linux Mint 17.1 Xfce editionを使い始める前にWindowsユーザだった私は、軽量デスクトップ環境Xfceで、Windowsキーをキーボードショートカットに設定しようと思ったのですが、これがなかなかすんなりできませんでした

いろいろ調べて2つの方法がわかりましたので、紹介します。

スポンサーリンク

Windowsで慣れたキーボードショートカットキーを使いたい

私はLinuxを使いはじめる前、Windowsを使っていましたが、Windowsキー+Lのロックとか、Windowsキー+Mのデスクトップ表示などのキーボードショートカットをよく使っていました。

Windowsキーというのは、Windows用のキーボードの左下あたりについている旗のマークのキーです。

keyboard-932370_640

WindowsプリインストールのノートPCなら必ずついていますね。

長年使っていたキーボードショートカットというのは、体が覚えてしまっているんですね。

あれっXfceだとどうやるんだっけ?と作業の途中で思考が中断されるのは、嫌ですね。

もうWindowsを使わないなら、Linux方式のキーボードショートカットに慣れてしまうのも1つの選択だと思います。

しかし、WindowsとLinux両方使い分けるなら、同じキーボードショットカットにしたいと思うと思います。

設定画面からWindowsキーをキーボードショートカットに設定してもうまく動かない

キーボードショートカットの基本的な設定方法については、前回「Xfce よく使うアプリをキーボードショートカットで一発起動する方法」で書きましたように、キーボードショットカットの設定箇所は2つあります。

  • [設定]-[ウィンドウマネージャ]
  • [設定]-[キーボード]

xfce-keyboard-shortcut-1

どちらもWindowsキー+何かのキーに設定しても、パネル上のメニュー(ウィスカーメニュー)がポップアップされたり、うまく動きません。

これは、[設定]-[キーボード]の[アプリケーションショートカットキー]タブを見れば、単独のWindowsキーがメニューのポップアップのショートカットに割り当てられているからということがわかります。

xfce-keyboard-shortcut-6

ショートカットの「Super」は、Windowsキーを表します。

ちなみにSuper Lというのは、Super+Lのことだと思い込んでいましたが、SuperとLの間が「+」ではなく、「半角スペース」なので、左(Left)のWindowsキーという意味だそうです。

(私が使用しているキーボードには、Windowsキーは1つしかないのですが、2つあるものもあるのでしょうか?)

デフォルトで、Super+Pが「ディスプレイの設定」に割り当てられていますが、キーボードでSuper+Pを押すと、ディスプレイの設定画面と、メニューどちらもポップアップするという残念なことになります。

逆に、メニューのポップアップを別のキーボードショートカットに変更しようとしても、元のキーボードショートカットが残ったまま、もう1つのキーボードショットカットが追加されてしまい、うまく動きません…

設定ファイルを直接書き換える

この方法は、公式にアナウンスされている方法ではなく、やってみたらうまく動いたというだけなので、自己責任でお願いします。

キーボードショートカットの設定ファイルは、3つあります。

  1. /etc/xdg/xfce4/xfconf/xfce-perchannel-xml/xfce4-keyboard-shortcuts.xml
  2. /usr/share/mint-configuration-xfce/xfce4/xfconf/xfce-perchannel-xml/xfce4-keyboard-shortcuts.xml
  3. /home/ted/.config/xfce4/xfconf/xfce-perchannel-xml/xfce4-keyboard-shortcuts.xml

たぶん、

1はxfceの設定、2はLinux Mint固有の設定、3は設定画面でカスタマイズしたときに書かれる個人用設定

だと思います。

メニューのポップアップの設定は、2の設定ファイルにありました。

Windowsキー単独でメニューがポップアップしないように、メニューのポップアップのキーボードショートカットをCtrlキー+Windowsキーに変更します。

「xfce4-popup-whiskermenu」の行をお好みのエディターで書き換えます。

キーボードショートカットの設定画面を開くとちゃんと、メニューポップアップのショートカットが変更されています。

xfce-keyboard-shortcut-14

設定画面で設定した場合は不要ですが、設定ファイルを直接設定を変更した場合は、一度ログアウト、ログインした後に、設定したキーボードショートカットを使えるようになります。

これで、Windowsキーを押した時に、メニューがポップアップしなくなりました!
もちろん、Ctrl+Windowsでちゃんとメニューがポップアップします。

ここまでできれば、もう後は、普通にWindowsキーを使ったキーボードショートカットを設定するだけです。

あなたの好きなようにカスタマイズしちゃいましょう!

キーボードショートカットの基本的な設定方法は、こちらに書きましたので、参考にしてみてください。
Xfce よく使うアプリをキーボードショートカットで一発起動する方法

ワークアラウンド的な方法

設定ファイルを直接編集するのは嫌だなぁと思われた方のために、次善策があります。

Windowsキー+何かのキーというキーボードショートカットではないのですが、それに近いキーボードショートカットなら実現することができました。

それは、Ctrlキー+Windowsキー+何かのキーをキーボードショートカットに設定するという方法です。

Windowsキーの前にCtrlを追加すると、メニューのポップアップとバッティングしません。(CtrlキーはAltなど他のキーでもOKです。)

少し押しづらくはなりますが、この方法なら設定ファイルを直接編集せず、通常のキーボード設定画面で設定できます。

まとめ

Linux Mint 17.1 Xfce editionで、Windowsキーを使ったキーボードショートカットを設定するには、

  • 下記設定ファイルを直接編集する

/usr/share/mint-configuration-xfce/xfce4/xfconf/xfce-perchannel-xml/xfce4-keyboard-shortcuts.xml

  • Ctrl+Windows+何かのキーで代替する

の2つの方法がある。

また、途中にもちらっと書きましたが、Windowsキーを使ったキーボードショートカットを追加せず、デフォルトのLinux方式のキーボードショートカットを覚えるのも1つの方法ですね。→ 実は、私は結局この方法(笑

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">