Windows 10へのアップグレード予約が超簡単だった!

reserved

スポンサーリンク

Windows 10へのアップグレード予約は急がなくてOKという記事を以前書きましたが、

それでも人より早くWindows 10を触ってみたいという人もいると思います。

音声アシスタント「Cortana」や新ブラウザ「Microsoft Edge」など楽しみな新機能がありますよね。

そんな新しもの好きなあなたのために、Windows 10へのアップグレード予約の方法についても、書いておこうと思います。

例によって、キャプチャーとともにお届けしますが、予約の方法は超簡単です。

つまづきそうなポイントはほとんどないですが、しいて言えば、初めのステップでしょうか?

アップグレードのアイコンが見つかれば、途中で困ることはないと思います。

それでは、説明していきますね。

スポンサーリンク

Windows 10へのアップグレード予約手順

windows10 upgrade 1
タスクバーの[Windows 10を入手する]アイコンをクリックします。

ウィンドウズのマークで、マウスオーバーすると[Windows 10を入手する]というツールチップが表示されます。

表示されていれば、すぐにわかると思います。

もし表示されていない場合は、お使いのパソコンのOSがWindows 10無償アップグレードの対象外の可能性があります。

アップグレードのアイコンが表示されるのは、デスクトップの場合、Windows 7、Windows 8.1の最新バージョンのみです。

Windows 10 アップグレード対象について、詳しくはこちらの記事に書いています。
⇒ あなたのパソコンは大丈夫?Windows10アップグレード対象まとめ

他には、Microsoft公式サイトFAQの「Get Windows 10 アプリが見当たらないのですが。」の項目(以下、抜粋)もチェックするとよいでしょう。

アプリが見つからない原因として、次のことが考えられます。

  • ご利用のデバイスで Windows 7 SP1 も Windows 8.1 Update も実行されていません。
  • 実行されている Windows のバージョンを確認する方法については、 こちらをご覧ください 。
  • 無償アップグレードの対象外であるエンタープライズ バージョンの Windows が実行されています。
  • ご利用のデバイスで Windows 自動更新 が有効になっていません。
  • ご利用のデバイスが動作に 最低限のシステム要件を満たしていません。
  • ご利用のデバイスがインターネットに接続されていない。
  • ご利用のデバイスは無償アップグレードの対象ですが、Windows 10 をご利用いただくために必要な、デバイスドライバーをはじめとする更新プログラムを準備中です。

windows10 upgrade 2
[無償アップグレードの予約]ボタンを押します。

windows10 upgrade 3
え。もう完了ですか。。

確認画面もなく、あっという間でしたね。

[閉じる]ボタンを押して、ダイアログを閉じます。

Windows 10は、7月29日にリリースされる予定です。

Windows 10が利用できるようになると通知が送られるそうですので、それまで楽しみに待ちましょう!

と、ここまでWindows 10のアップグレード予約について、解説してきましたが、、

当サイトでは、実は、Linuxを推奨しています。

今までWindowsを使ってきて不満があるなら、Linuxを検討してみるのもいいと思います。

Linuxは難しいというイメージがあるかもしれませんが、最近の個人向けのLinuxは、かなり使いやすくなってますよ。

⇒ Windows XPをLinuxへ置き換えてみたら最高に快適だった

⇒ 【2015年上半期】Linux初心者におすすめなディストリビューション5選

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">