あなたのパソコンは大丈夫?Windows10アップグレード対象まとめ

windows10

スポンサーリンク

Windows10のリリースがもうすぐ始まりますね。

Windows10は1年間限定でアップグレードが無償ということで驚きました。

アップグレード開始は7月29日です。

今回は、Windows10無償アップグレードの対象OSについて調べてみました。

スポンサーリンク

アップグレードパス

まず、あなたが使っているパソコンのOSがアップグレードできるかどうか確認しましょう。

デスクトップの場合、Windows 7、Windows 8.1の最新バージョンのみからWindows Updateでのアップグレードができます。

詳しくは下表を見てください。

アップグレード前 アップグレード後 Media(ISO) Windows Update
Windows 7 RTM Windows 10
Windows 7 SP1 Windows 10
Windows 8 Windows 10
 Windows 8.1 RTM Windows 10
 Windows 8.1 S14 Windows 10
 Windows Phone 8.0 NA
Windows Phone 8.1 Windows Mobile 10 NA

◎:サポートあり
○:サポートなし

Windows Updateで「○(サポートなし)」と書いてあるのは、
Windows Updateでアップグレードできるけど、ファイルが削除されたり、プログラムがうまく動かなくなっても自己責任という意味でしょうか。

ISOファイルをDVDに焼いてからインストールするのは手間ですので、
最新バージョンへアップデートしてから、Windows Updateを利用するのがよさそうです。

残念ながら、Windows RTは対象外です。

それから、Windows 7 Enterprise、Windows 8/8.1 Enterpriseも対象外です。
Windows 10 の仕様 – マイクロソフト

Windows XP、Vistaは予想通り?の対象外でした。

あなたが使っているパソコンのOSは、アップグレード対象でしたか?

もし、アップグレード対象でも喜ぶのはまだ早いです。

次にWindows 10のシステム要件をチェックしましょう。

パソコンのスペックがWindows10が動くのに十分かどうかをチェックしましょう。

Windows 10のシステム要件については、こちらの記事に書きました。
⇒ アップグレード予約はちょっと待て!Windows10のインストール要件

Windows XP、Vistaはどうする?

Windows XPやVistaを使っている方は、残念でしたね、、、

既にサポート期限が切れていますし、潮時でしょうか?購入するしかなさそうですね。

今のところ、価格は、Windows 10はHome版が119ドル(約1万5000円)、Pro版が199ドル(約2万5000円)と発表されています。

Windowsではなくて、Linuxもなかなかいいと思いますよ。

無料で昔のマシンでもサクサク動きます。

現在、ビバ!Linuxのイチオシは、Linux Mint 17.1(Rebecca) Xfce editionです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">