Windows 10のシステム要件をチェック!歴代バージョンとの比較表

check

スポンサーリンク

Windows 10のWindows 7、8.1からの無償アップグレードが7月29日から始まりました。

Windows 7、8.1ユーザの方は、Windows 10へのアップグレードアイコンが表示されていると思いますので、アップグレードしてよいかどうか気になっていることでしょう。

また、XP、Vistaユーザの方は、この先どうすればいいか悩んでいるかもしれません

今回は、Windows 10も含めてWindows OSの歴代バージョンのシステム要件の比較表を作りましたので、ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

Windows OS歴代バージョンのシステム要件比較表

CPU メモリ HDD グラフィックス ディスプレイ
Windows XP ペンティアム 233 MHz
(推奨300 MHz 以上)
64 MB
(推奨128 MB )
1.5 GB
Super VGA
(800 x 600)
Windows Vista 800 MHz、
32bit
または64bit
512 MB 20 GB DirectX 9
Windows 7 1 GHz 以上の
32 bit (x86) プロセッサ
または 64 bit (x64) プロセッサ
1 GB (32 bit)
2 GB  (64 bit)
16 GB (32bit) 20 GB (64 bit) DirectX 9
(WDDM
ドライバー
1.0以上付き)
Windows 8.1 PAE、NX、SSE2
をサポートする
1 GHz 以上のプロセッサ
1 GB (32bit)
2 GB (64bit)
16 GB (32bit) 20 GB (64bit) DirectX 9
(WDDM
ドライバー付き)
Windows 10 1 GHz以上のプロセッサまたは SoC 1 GB (32bit)
2 GB (64bit)
16 GB (32bit) 20 GB (64bit) DirectX 9 以上 (WDDM
ドライバー付き)
800×600

こうして一覧にしてみると、Windows 7以降は、システム要件にほとんど変化がないということがわかりますね。

Windows 10インストールは、Windows 7以降のパソコンであればトラブルが少ないと思います。

逆にWindows XP、Vistaパソコンは、もし購入からメモリ増設やCPU交換をしていなければ、Windows 10インストールは厳しそうですね。

Windows 10のシステム要件については、こちらの記事も参考になると思います。
⇒ アップグレード予約はちょっと待て!Windows10のインストール要件

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">